作成者別アーカイブ: 店主

日置桜 山根正紀社長 来店

栖重本店 社長の日記VOL.1
 
山根社長 来店6月9日
酒米の力を追求し「醸は農なり」「完全発酵」の酒造道を突き進む『日置桜』の山根酒造蔵元、山根正紀さんが南房総館山まで足を運んでくれた。前日、酒の会のイベントがあった千葉市から、レンタカーで来られたが、梅雨空で楽しみにしていた房総の景色は満喫できなかったようだ。また千倉町にある野村屋本店に行かれ、日本酒担当の木曽さんに会い、その後私共の店に。木曽さんは『生酛のどぶ』『鯉川』と同じく『日置桜』にも熱心に取り組んでいて、山根さんに会うことをとても楽しみにしておりました。
 
私どもの店でしばらくの酒談議の後、お食事処『まさき』で会食。21BYの日置桜『強力純米大吟醸』で乾杯の後『青水緑山』、『山滴る』を房総の魚と一緒に味わった。山根さんは、しきりに館山のお刺身を「旨い、旨い」と誉めてくれる。いつの間にか、燗酒ばかりとなり、木曽さんが「生酛雄町」を手に駆け付けてくれて、実に楽しい宴席となった。日置桜と楽しいひととき
スマートでクールに見える山根さんが、これほどの飲み手だったとは、改めて『日置桜』を取り扱って居る事の大きな喜びを感じた一夜でした。
山根さんに感謝。

カテゴリー: お客様の声 | コメントは受け付けていません。

日本酒でおいしい梅酒を造ろう。

梅ちゃん日本酒で梅酒を造りませんか?
果実の酒用清酒『梅ちゃん』が、冨玲でおなじみの『梅津酒造』より入荷致しました。
 
一般に梅酒用の酒というと、アルコール35°前後の焼酎という認識があると思いますが、『梅ちゃん』はアルコール20°の日本酒です。(もちろん純米造り)そのため付け上がりのアルコール度が10~12°前後です。(体に馴染みやすいアルコール度数)ですから、アルコールは決して高くないのに、梅のエキスが濃く、旨味のしっかりした梅酒が出来上がります。(35°で漬けると20°前後の付け上がりで、水などで割って飲まないときつい、よって旨み等薄まる)また、純米造りで米の旨味たっぷりの日本酒ですので、米の旨味が梅のエキスをやさしく包み込み、まろやかな梅酒に仕上がります。雑味がなく、体にいいなと感じさせてくれる素性の良い梅酒ができますよ。(毎晩少しずつ飲みたいと感じます)
私がいろいろな方に聞いたところによると、青梅で梅酒をつける方が多いようです。ぜひ『梅ちゃん』ご使用の際は、完熟梅で漬けてください。完熟梅は梅の持つ良いエキスが溶けやすくまろやかな味わいに仕上がると感じます。付け上がりの梅もとってもおいしく召し上がれますよ。
 
一昨年、昨年と我が家でも『梅ちゃん』で梅酒を造りました。特に昨年は、『梅ちゃん』と相性抜群の鳥取県産の完熟した、野花(のきょう)梅で漬けました。きれいなオレンジ色で、驚くほど大ぶりな野花梅はまるで、千葉の特産物『びわ』を思わせるような圧巻の梅でした。
蔵元が完熟の漬け頃に、クール便で送ってくれる野花梅、少々値段はかかってしまいますが、本物の美味しさを求める方にぜひ。
 野花梅(ノキョウ梅)
  

長々と書きましたが、これでおいしい梅酒を造る準備ができました。今年は、ぜひ『梅ちゃん』(日本酒)でおいしい梅酒を造りましょう。
『梅ちゃん』に、おいしい梅酒の漬け方の冊子がついておりますので、初めて造る方もご心配なく。また野花梅をご希望の方は、お手数ですが要相談でお願いいたします。(数量の問題があり、なおかつこだわりを理解していただける方に販売したいと考えております。)
 H23年 梅ちゃん
 
果実の酒用清酒『梅ちゃん』 1.8L 2,500円(税別) よろしくお願いします。 (栖重小売部にて去年漬けた梅酒の試飲可能です。興味のある方はぜひ)
 
余談ではありますが、冨玲をはじめ、燗上がり系のこだわり蔵元『梅津酒造』の『梅ちゃん』ですので、出来た梅酒をお燗(45~50℃ぐらい)すると最高です。ぜひご自分で造ってお試しください。

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

I・P・A(インディア ペールエール)絶好調!!

たびたびご紹介している、クラフトビール(地ビール)の中でも、エチゴビールのI・P・A(インディア ペールエール)が、味わい深くご好評をいただいておりますのでご紹介いたします。
I・P・A
アルコール6%、きれいな琥珀色でホップの風味が強く、なんと言っても飲んだ後に感じる苦みが特徴のビールです。この苦味が大手ビールには無い、深い味わいをもたらしてくれていると感じます。
 
I・P・A 2飲みごたえのある味わいに、少し油の強いものや、燻製などの食事を合わせて、じっくり飲んで頂けると最高だと思います。
爽快感のチルド系ももちろんいいですが、深い味わいと大人の苦みのI・P・Aを一度是非ご賞味ください。
350ml缶 280円(税込)

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

栖重のクラフトビール便り

栖重おすすめのクラフトビールをご紹介。
栖重店舗にて、続々入荷予定です。

日本のうまい地ビールを、いろいろ味わってみてください。

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

新酒の生酒 ご紹介

個性を醸す蔵だより更新しましたので、連動して新酒のご紹介を2点。
“素性の良さが光る新酒の生酒”
 
杜の蔵 純米吟醸生酒 『末永利幸杜氏』
原料米 福岡県産山田錦50%精米 アルコール16°
末永利幸
酒造りに携わって58年、杜の蔵杜氏を任されてからは38年の永きにわたり、酒造り一筋に励んできた末永杜氏が、現役を引退されるにあたり、ひと区切りの一本として仕込んだ渾身の純米吟醸酒。
この筑後の名杜氏の口癖は、「飲んでくださる皆さんの顔を思い浮かべて・・・」でした。酒米を両手で掬うラベルの絵がすべてを物語っています。
純米吟醸しぼりたて生酒 限定出荷です。
 
  1.8L 3,800円(税別)
  720ml 1,900円(税別)
 
  
   
梅津酒造 『梅津の生酛 23BY 80% 純米生原酒』
原料米 鳥取県産山田錦 80%精米 アルコール19.3°
日本酒度+12 酸度3.1 酵母は天然酵母(蔵付酵母)
梅津の生酛 23BY 80%
梅津さん生酛は、何か一つの壁を乗り越えた感があります。日本酒度は、プラスに切れにきれ、酸度も高く、アルコール度もほぼ20°と途方もない個性ですが、酵母や菌が力を出し切って働ききった形跡がにじみ出ていると感じます。硝酸還元菌や、乳酸菌の醸し出したものでしょうか?複雑な旨みと酸、その中に息づく甘味等。
この23BY生酛生原酒、今年の酵母の働きがアルコール16°を過ぎたあたりから突然、醗酵が穏やかになり、それでいて止まらずゆっくり醗酵が続くので“なまけもの酵母”と蔵元が命名しました。「その分、米がよく溶けて日本酒度の割りに柔らかく甘く感じます。」とコメントにありますが、まさにその通り。何とも旨い新酒です。もちろんお燗もおすすめです。

 
               1.8L 2,570円(税別)
               720ml 1,285円(税別)
よろしくお願いします。

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

うまい!! エチゴビール

久しぶりのブログ更新です。すいません。
今回は、当栖重本店で取り扱っている、エチゴビールの新商品をご紹介します。
うまいクラフトビールが3種類新しく入荷致しました。
地ビール第一号でおなじみのエチゴビールから、無濾過チルドビール『スタウト』『ペールエール』『ヴァイツェン』の3種類です。
飲みごたえ十分な味わいは、もちろんのこと、チルドビールの爽快感はたまりません。まさにプレミアムビール。お手持ちのお気に入りグラスに注いで渾身の味わいをご堪能ください。
チルドビールは、製造、出荷、販売に至るまで温度管理が重要になります。当社自信を持ってお勧めいたしますので、ぜひともご賞味を。いやぁー旨い!!
 
エチゴビール
チルドビール 3種類
各種330ml 420円(税込) 
日本の素晴らしい技術の、個性ある味わいクラフトビールが楽しめる時代になりました。いろいろな味わいのビールを楽しんでみてはいかがでしょうか?当栖重本店がお手伝いいたします。毎日の食事が楽しくなると思いますよ。

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

梅津酒造 発砲生にごり 『笊』

発砲生にごり酒、新入荷のご案内
梅津酒造 発砲生にごり 笊(ざる)
22BY 無加水 純米原酒 アルコール17~19°
鳥取県産山田錦60%精米
発砲生にごり 笊「タンクで発酵中の醪(もろみ)に笊(ざる)をのせると、ザルの中に少し濁ったお酒が浸み出してきます。これをくみ取って瓶詰します。醪の元気が良すぎてフタを開けると、瓶から溢れます。」と蔵元の説明書きにありますが、正直ザルをのせると…のイメージが湧きません、蔵で現場を見れればいいのですが…
とにかく栓をひねると同時に噴き出して来ます。並みの発砲にごりとは、わけが違います。この辺は梅津酒造らしいというか、梅津蔵元らしいと感じます。遠慮なしの発砲にごりです。味わいも、堅く・渋く・辛くです。薄っすらとお米(山田錦)の甘味が来て、これは相当力強い純米になると、この時点で熟成の事を考えてしまいます。
 
製品のラベルや添付紙に開栓時の注意書きが細かく書いてあります。必ずよく読んでから開栓して下さい。これまでしてこのお酒に挑戦するかどうかは、ご自分でご判断して下さい。それだけの魅力はたっぷりです。
 
         720ml 2,300円(税込)※要冷蔵

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

更新情報

蔵元情報に、日置桜の『山根酒造場』追加しました。
これからも徐々に蔵元情報、新着案内等掲載していきますので、よろしくお願いします。
更新が遅くて申し訳ありません。
 
個性を醸す蔵便り Vol.11も掲載しました。ホームより看板のマークをクッリクして、チェックしてみてください。

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

純米酒 新着案内!!

竹鶴 純米吟醸 初しぼり 1.8L入荷
純米吟醸 初しぼり広島県産 八反 50%精米
酵母 協会7号  日本酒度 +8.5  酸度 2.4
  
年に一回2月から発売になる竹鶴の搾りたて生酒、新酒の華やかさと吟香の中にも、竹鶴らしいしっかりとした酸が息づいています。
熟成を旨とする竹鶴の珍しい新酒の搾りたて。熱心なファンの方が多い人気商品です。
 
                            1.8L 3,400円(税別)
 

 
 
  
日置桜 生酛雄町 21BY火入れ 1.8L 熟成を待って出荷されました
生酛雄町取県産 雄町 65%精米
酵母 協会7号  日本酒度 +9.0  酸度 3.0  
アミノ酸度 1.5
 
22BY雄町の生酛純米は『ひやおろし』出荷を目指した酒造設計でしたが、21BYは火入れで熟成してからの出荷となりました。
生酛独有のキレの良さ複雑且つ多面的、立体的な味わい抜群の燗上がり、蔵元は「勇気を出して飛び切り燗でお試しください」と語ります。
※飛び切り燗~超熱燗 55~60℃位で 
                             1.8L 2,800円(税別)
 
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: 六代目ブログ | コメントは受け付けていません。

割烹 『駿河』

JR千葉駅西口徒歩五分駿河 若女将
車一台通るほどの路地を進むと、駿河の小さな看板が目に入ります。一時アメリカ留学をされていたという、若女将が切り盛りする割烹です。
大女将の出身が駿河ということで店名となりました。酒飲みにはたまらない肴が数多く、新鮮な魚介類も豊富です。純米酒にこだわる若女将のおすすめは、『冨玲 特別純米酒』と『独楽蔵 玄』のお燗です。仕事を終えてたまにはカウンターでじっくりいかがでしょうか。駿河 外観カウンターで至福のひと時を

 
 
  『割烹 駿河』  千葉県千葉市中央区新町1-12  TEL 043-241-6166
          定休日 毎週日曜日、祝日 

カテゴリー: お客様の声 | コメントは受け付けていません。