日置桜 山根正紀社長 来店

栖重本店 社長の日記VOL.1
 
山根社長 来店6月9日
酒米の力を追求し「醸は農なり」「完全発酵」の酒造道を突き進む『日置桜』の山根酒造蔵元、山根正紀さんが南房総館山まで足を運んでくれた。前日、酒の会のイベントがあった千葉市から、レンタカーで来られたが、梅雨空で楽しみにしていた房総の景色は満喫できなかったようだ。また千倉町にある野村屋本店に行かれ、日本酒担当の木曽さんに会い、その後私共の店に。木曽さんは『生酛のどぶ』『鯉川』と同じく『日置桜』にも熱心に取り組んでいて、山根さんに会うことをとても楽しみにしておりました。
 
私どもの店でしばらくの酒談議の後、お食事処『まさき』で会食。21BYの日置桜『強力純米大吟醸』で乾杯の後『青水緑山』、『山滴る』を房総の魚と一緒に味わった。山根さんは、しきりに館山のお刺身を「旨い、旨い」と誉めてくれる。いつの間にか、燗酒ばかりとなり、木曽さんが「生酛雄町」を手に駆け付けてくれて、実に楽しい宴席となった。日置桜と楽しいひととき
スマートでクールに見える山根さんが、これほどの飲み手だったとは、改めて『日置桜』を取り扱って居る事の大きな喜びを感じた一夜でした。
山根さんに感謝。

カテゴリー: お客様の声   パーマリンク

コメントは受け付けていません。